• トップメッセージ
  • いづみDNA
  • 整備士の先輩から
  • 募集要項
 

仕事を通じて幸せ・豊になりたい人
やったことに対しての評価が給与還元される体制になっています。

意見を出して会社を一緒に作り上げていきたい人
若いセンスが経営を変えるとの思いから、やる気と実力があれば年齢に関係なく主要ポストを任されます。

熱い情熱を持った人
お客様を幸せにしたい気持ちを大切にします。

 

社会に出ると整備士といえども、技術のみならずサービス業として接遇の資質も求められます。皆さんもそうだと思いますが、誰しもお客様となってお店に入ると『自分を大切にして欲しい』と思うはずです。
一方、会社やお店も『お客様を幸せにしたい』と思ってお客様をお迎えしているはずです。
しかし、会社やお店側が“お客様はこう思っているはずだ・・・”勝手な思いで接すると効果は上がりません。双方の思いが合致しないと本当の意味での“CSの向上”も“売上の向上”もありえないのです。


 

社会に出たら、“お客様を幸せにする”とは何なのか?を毎日考えながら仕事をしてもらいたいのです。そこで皆さんには、今からお客様の目線で観察し、行く先々での会社やお店でそれらを感じ取ってもらいたいと思います。
そうすれば、お客様としてうれしいと感じるのは、物や特別サービスをしてもらうという何か特別な事ではなく、意外とチョットした気遣いが重要なのだと気付くはずです。
例えば、馴染みのお店に入った時、『いらっしゃいませ』と『あ、いらっしゃいませ♪』のどちらの声をかけてもらう方が幸せに感じますか?


 

こちらは馴染み客・常連客だと思っているのに、お店の方が一見客と同じ様な丁寧さで、かしこまった『いらっしゃいませ』で迎えられると、『あれ?俺のこと覚えてる?わかってる?』と心の底で思ってしまいます。
でも、たった一つの言葉“あ”を付けるだけで『いつも来てくれてありがとう』という思いが込められている気がしてうれしくありませんか?
この様に、たった一文字を付けるだけでも全然違う感覚を受けます。
世の中に存在するお店・会社・人の他との差について考えてみると、その技術や営業力などのある程度見えるものについては、きっと何倍もの差がつくような違いは無いはずです。しかし、こうした“意識”を変えるだけで、お客様の気分をよくする差は、100 倍も1,000 倍もの違いを生むことになるのです。


 

当社は社員に対して、
何がどれくらい出来るのか?はもちろんですが、
それ以上にお客様や仕事に対しての“思い”に情熱を持っているのか?
を大切な要素として評価しています。

 

新入社員は入社と同時に、当社で働くための心構えを勉強してもらいます。
これはあくまでも“当社”での心構えですから、複数の幹部社員がテーマごとに分担して行います。その後、今度は外部講師の下で社会人としての心構えや働くことの意義、ビジネスマナーなどを一泊研修で行います。
このような研修を一通り受けてもらうと、今度は各配属部署にてOJTが始まります。
自動車整備の基本は車検作業になります。
当社の車検整備は1 ストールに2 人1 組が配置され1 台の車両に当たりますが、OJT期間はこの2 人の先輩社員について知識・技術・技能・態度などを習得してもらいます。

 

教材車両では経験し得なかった、本物の使用過程車両を直接整備することで整備の基本を経験してもらいます。
その習得状況を見ながら、一人の先輩社員とチームを組めると見極めた時点で、先輩社員と2 人で1 ストールを任せられることとなります。
主として車検整備をこなしながらも、高度な技術を持った上司や先輩社員の作業の手伝いをしたり、一緒に出張作業に出かけたりする事もあります。
各々の成長度合いを見ながらこういった機会を設けることによって、その成長の更なる後押しになると考えています。


 

また、当社は複数の特装車両メーカーからサービス指定を頂いており、新たな技術やその整備方法については勿論の事、従来の技術や作業手順の確認についても、定期的に講習や研修が開催されます。
それらに参加して技術・知識を向上する事ができますし、溶接や電機等のあらたな資格や認定を取得することも可能です。

 

当社の仕事は決して楽なものではありません。
大型トラックを整備すると体力は消耗しますし、一歩間違えると大怪我もします。
このように緊張した環境での仕事は、何事にも変えられない達成感を得られるはずです。
しかし、それだけでは仕事に対するモチベーションにはならないでしょう。
会社で接する人々と過ごす時間は人生の大半を占めるはずです。

 

そのような仲間と固い信頼関係を構築することも、円滑に仕事を進める上で非常に重要だと考えています。
当社は福利厚生の一環として、夏期休暇前の最終日にバーベキューを研修施設で、年末の忘年会をホテルで盛大に、共に一泊を前提に開催しています。
日頃の疲れを吹き飛ばすのはもちろん、仲間同士の絆も深まっているようです。