• トップメッセージ
  • いづみDNA
  • 整備士の先輩から
  • 募集要項
自主性を重んじることで創り上げられた風土と文化

いづみ自動車のの特徴として様々な意思決定時に社員の意見を取り入れる文化、社員が意見を出して作りあげるボトムアップの仕組みが自然と出来ています。
これは、会社がその成長カーブをよく理解し、創業期・成長期とその時々のステージに応じて権限委譲出来る人材に恵まれていた事と、成熟期に突入した時に事業自体の継承タイミングを得たこと。
これらそれぞれの過程の中で、社員の自主性意識が少しずつ育まれ、オーナー会社にありがちな一方的なトップダウンだけの事業運営から必然的に脱却することができました。

 

中途で入社してこのような“自分たちの意見で作り上げる風土”に驚く社員もいます。
また、会社をリードする社長が、若いセンスが経営を変えるという考えを強く持っており、実際、若い世代に重要なポストを任している部署もあります。
このように、意見を出して一緒に会社を作り上げていきたいと思う人にとって、大変やりがいのある会社だと思います。


常に感謝の気持ちを伝え、元気よく挨拶をする

当社は創業時より一貫して、礼儀(挨拶・言葉遣い・服装・立ち居振る舞い)と清掃(整理・整頓・清掃)に対して厳しく徹底しています。
数ある整備工場の中から当社を選んでいただいているお客様は勿論のこと、社内でもその役割ごとに担当してもらう人々がいるから社業は成り立っています。
我々は支えあい、生かされ生きている事を忘れないように、常に感謝の気持ちを伝え、元気よく挨拶をすることが大切です。
また相手に不愉快な思いをさせる事の無い様な言葉遣いや服装、立ち居振る舞いも同じです。

 

このように当社の社員であることの前に、社会人として人として、これら自分に係わる全ての人に対して礼儀を尽くすのは当り前なのです。
当社はこの“当り前”を自然に出来るように、毎朝全員で“挨拶”の練習・唱和をしています。
まだまだですが、お客様からは『他社には無い気持ちのいい応対』であると評価を頂くことも少なくはありません。
清掃についても、掃除と仕事の出来栄えは同じとの考えから、工場の古さを感じさせない清掃を目指し、毎朝、構内は勿論の事、敷地前の道路の清掃を行なっています。
仕事をさせて頂いている地域の美化保全は、感謝の気持ちのこもった社会活動の一環と考えます。


 

また、構内の整理整頓・清掃状況や、地べたに置かれた工具・部材・その他機材の少なさから
『およそ大型トラックを扱う工場とは思えない』
とのお褒めを頂くことも多々ありますが、我々の目標とする所までは到達できているとは思っていません。